選挙投票チャンネル

衆議院選挙や参議院選挙、知事選挙の投票率80%が目標!!選挙に行こう!

*

【集団的自衛権を考える】永世中立国スイスは戦争しないのか?

      2014/07/08


infotop_680_100
swisstop

永世中立国スイス。

 

 

きっと平和で

笑い声が絶えない、

さぞかし 幸せな国

なのだろう。

 

日本も永世中立国に

なればいいのに。

 

・・・・・・・(・_・)

 

その考えを

全部ぶち壊して

みせましょう!!

 

僕のヤル気スイッチ!!お願いします。押してください!

 にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサー広告 日本人 不動産投資

集団的自衛権をスイスを例に考える

 

前回、集団的自衛権はそもそも何なのかという記事を書きました。

まだお読みでない方はこちらからどうぞ。

「簡単に教えて!集団的自衛権っていったい何なのさ?」

 

そこでも書き記しましたが、

どうしても集団的自衛権とかの軍事関連の話題になると

必ず過度な反応をする人がいます(^_^;A  

 

日本は戦争をする国になる!

日本が軍国主義になり始めた!

子供達の命を奪うのか!

過去の反省を忘れたのか!

軍隊がなくても話し合いで解決できる!

 

僕は、 ちょっと待ってくれと言いたい!

ちょこっと軍事の話をするだけで、

そこまで話が及ぶなんて

想像力豊かすぎっ!!! (^_^;A 

 

ケンカ(戦争)は一人では出来ません。

必ず相手がいますよね?

自分からケンカを売らなくても、

相手からケンカを仕掛けてくるかもしれない。

 

スラム街に入ったら、いつケンカを仕掛けられるか

分からないですよね?

自分はケンカしないぞ!って思ってても

相手から仕掛けられたら応戦しないと

ましてや、相手が武器なんて持ってたら、

丸腰で歩いているとやられます。

 

お金は盗られるし、怪我はするし、

下手したら殺されるかもしれない。

 

その為には用心が必要なわけです。

いつケンカになってもいいように、

身体も鍛える必要があるし、心構えも必要。

 

ですから、

そんな戦争を仕掛けてくるかもしれない

世界に目を向けてみましょう。

相手がどんな国なのかを知る必要があります。

 

今や世界のほとんどの国が軍隊を持っています。

持っていない国を探す方が難しいくらいですね。

参考:【軍隊を持たない国一覧】平和ボケ日本は軍隊を持たないなら、後進国になるしかない。

 

 

世界の国のほとんどが歴史の中で

何かしらの戦争を経験しています。

 

 

逆に戦争をしない国って話題になると

必ず出てくるのがスイスですね!!

 

戦争をしない国ということで、

スイスを取り上げるケースがよく見られます。

 

現に、スイスはここ200年間で戦争を一度もしていません。

しょっちゅう、隣の国同士が戦争をして、

統治がコロコロ変ってきたヨーロッパにありながら、

第一次世界大戦も第二次世界大戦も参加しなかった。

 

 

これだけ、聞くとすごい国だなー。

人々はみんな温厚なんだろうなー。

と感心しっぱなしになってしまいます。

 

 

ニュースのでもね

 

 

本当のスイスをご存知ですか?

 

 

 

as_1000_203

【引用:http://www.amagaeru.com/go/jigsaw/jig/lineup/r/1000/as_1000_203.html】

 

こんな風に

思ってない?

 

 

 

 

 

 

patrouille_suisse-34976108

 

 

実際は、

こんなです。

 

 

さぁて、リアルなスイス連邦をみていきましょう!

永世中立国スイス連邦

ていうか、

永世中立国ってなに?

 

永世中立国とは、その名の通りで、

戦争が起きた場合にどこの国の応援もしないし、

支援もしませんと宣言した国のことです。

 

だから、日本のようにアメリカ軍が駐留していません。

他国の軍は国内に一切ありません。

スイスだけが目立ちますが、

実はスイス以外にも オーストリア、トルクメニスタンなども

永世中立国としています。

 

 

 

ニュースのでもね

 

他国の軍はないけど、

自国の軍はしっかり

あるのよ。

 

そのことはご存知?

 

 

 

むしろ、防衛については、

日本よりもはるかに立派な法制度や習慣があります。

 

実はスイス。

歴史から見てみても、 ケンカ最強なんですよ。

なぜかというと、土地柄、農作物がよく採れなかったため、

男は出稼ぎに傭兵として他国へ出ていったんです。

 

その歴史は古くて、15世紀からなんですね。

その名残で、今でもバチカンではスイス傭兵隊として存在する程。

 

 

 

 

今でも国内では、こんな感じです。 スイス日常

 

まじかよ、

スイス!

 

自動小銃を持ちながら買い物・・・。

 

まるで自動小銃がバックのよう。

 

 

まじかよ、

スイス!!

 

 

そして、国内の法整備はこんな感じ。

永世中立国スイスの軍備の実態

まず目に飛び込むのが、 多くのメンズが嫌がる徴兵制ですね。

 

徴兵制がスイスにはあります。

 

日本人の多くのメンズが、

戦争って話をすると嫌がるのは

この徴兵制が頭をよぎるからですよね。

 

大日本帝國時代の、赤紙出兵を連想するのでしょう。  

でも、皆さんが戦争しない国だと思っていたスイスでは

徴兵制があるんです。

 

 

なんででしょうね?   

これがスイスの真実。本当の中立とは?

理由は、ひとつ。

 

スイスは非武装中立の国ではないからです。

 

 

スイスは

武装中立

なのです。

 

スイスでは、この考え方が徹底されています。

 

その徹底ぶりは、民間防衛というガイドブックに最高に現れています。

日本語でも出ていますから、ぜひ読んでみたら良いですよ。

僕も読みました。

参考:【スイス政府発行】民間防衛―あらゆる危険から身をまもる

 

 

この民間防衛。

最強の非常事態時マニュアルです。

 

内容は、実際に読書感想文のページでお話ししていますが、

この本の中身はめちゃくちゃ具体的に仕上がったマニュアルです。

 

少しだけお話をすると、

もし敵国がスイスを占領して、

占領政策のひとつとしてプロパガンダ(洗脳)をしてきたときに

どうやったら敵国の洗脳にかからないで、

自分たちの民族意識を保つかとか。

生物兵器で攻めてきた時に助かる為の対処法だとか。

 

 

めちゃくちゃ具体的。

 

ほんと、

最強。

 

今の平和ボケな日本の考え方では、

何にも守れないなぁと痛感しますよ、ほんと。

 

このまま平和ボケのままいってしまうと、

次の世代の子供達に申し訳ないなぁと本当に思うんです。

日本には自衛隊はありますが、自衛隊は軍隊ではありません。

 

自衛隊が行動をするには、ひとつひとつ法律を作って

決めていかなければいけません。

ポジティブリストと云われる行動制約があって、

日本の自衛隊は決められたこと以外の行動は法律違反になるんです。

参考:【ポジティブリストとネガティブリストの違いは何?】簡単解説!よく聞く政治用語

 

そんなの軍隊と呼べますか?

 

これは、

GHQによって

一切の武力を

否定されたことが

原因です。

 

そう、

自国を守る為の

武力さえも

否定されたから。

参考:【日本国民の3/4以上が被害】GHQのウォーギルトインフォメーションプログラムとは?

 

 

 

一方で、スイスの考え方は、、、

 

中立を守る。

そのためには

絶っ対に!!

武力は必要だ

という考え方

です。

 

「あの国は嫌いだ!」とか

「私たちの国を応援しろ!」などと

周りの国から持ちかけられ、

他国の戦争に巻き込まれる。

 

そして、

そのことで自国民を傷つけたり、

死なせたりするくらいなら、

誰にも味方しないで

中立を保ちます!!

っていうことなんです。

 

私たちは周りで

戦争してても構わないけど、

もし流れ弾がスイス国内に

入ってきたり、

スイスに攻め込んできたら、

その時は全力で

やり返すからね?

いいですね? っていうのが、

本当の永世中立国です。  

 

この考えで一貫していますから、

国内における準備も徹底されています。

 

ここに日本との大きな差があるなぁと思ってしまいます。

 

日本は単なる丸腰なだけ。

そこに理念も理由もない。

 

GHQの戦争しないための憲法を受け入れ、

その後、70年もその憲法を、、、

 

平和憲法だぁ〜(*´∀`*)

あはは、あははヽ(*´∀`)/

ラブ&ピーーーーースっ!

あはは、あははヽ(*´∀`)/

 

 

って感じで、とぼけてただけ。

 

同じく戦争をしないとしているスイスとは

ぜーんぜん違います。



 

日本人は軍隊って言葉に反応しすぎ!!これから直そう!

2ちゃんねるまとめで、おもしろいコピペを発見しました。

まさに、これですね。

 

日本「永世中立国なのにどうして軍隊があるんですか?」

スイス「中立だから軍隊があるんですけど」

日「武力使うんですか?」

ス「いやむしろ使わないんですか?」

日「えだって中立なんですよね」

ス「中立ですよ」

日「軍隊はなにをするんですか?」

ス「何ってなに?」

日「いや戦争しないですよね?」

ス「するときはしますよ」

日「でも自分から戦争に参加とかしないですよね?」

ス「最近はね」

日「最近って?」

ス「いや傭兵とかする人,昔は多かったから」

日「中立なんですよね?」

ス「中立ですが」

日「傭兵とか行っても中立なんですか?」

ス「傭兵が行ったら中立じゃないんですか?」

日「中立ですよね?」

ス「中立ですよ」

日「じゃあなんで戦うんですか?」

ス「そりゃまあ中立を守るためとか」

日「中立を守るのに戦うんですか?」

ス「戦わずに守れるんですか?」

日「平和主義なんですよね?」

ス「平和主義ですよ」

日(よくわからん人だなあ・・・)

ス(よくわからん人だなあ・・・)

 

噛み合なすぎだわ。 これが世界と日本とのギャップです。

まとめ、、、

戦力を最低限しか持つことのできない

現行の日本の法制度においては、

集団的自衛権の行使と、その強化は必要不可欠です。

 

でも、それ以外にも、

私たちの意識が変わらなければいけません。

今一度、考えましょうよ。日本の未来のこと。

 

日本の安全保障は他国とも自国でも確保するべきだと僕は思います。  

だってね、もう一度、普通に考えてみてください。

何度も記事中でも書いていますが。。。

 

周りの国は軍隊を持っている、

つまりは戦争をすることも可能なのに

日本だけ軍隊を持たずに、

丸腰のままでいるなんて、、、、

その方が危険だとは思いませんか?  

 

 

日本の今の状態は、はっきり言って異常なんです!

ましてや先進国であるにも関わらず、 軍隊がないのはどうかしていると思います。  

 

あくまでも個人的な意見ですが、、、

僕は、侵略することが目的の戦争には使わないという法律を作って、

防衛と平和維持の為の軍隊を作るべきだと思っています。

そのための防衛費予算を十分に与えるべきだとも思う。

 

僕は軍隊は必要だと思う立場です。  

 

 

最後になりますが、、、、

私のブログを読んで頂いて、 賛成反対はあると思いますが、

私たち国民の一人ひとりが無関心から脱却して、

自分達の国をどう守るべきかを考える

きっかけになればいいと心から思っています。

 


 

 - 特集 , , , , , ,