選挙投票チャンネル

衆議院選挙や参議院選挙、知事選挙の投票率80%が目標!!選挙に行こう!

*

【韓国ピンチ】経済評論家の三橋貴明さんがついに朝鮮日報に殴り込みか!?

   


三橋貴明さん、朝鮮日報に殴り込み 喧嘩を売る

僕のヤル気スイッチ!!お願いします。押してください!
 にほんブログ村 政治ブログへ

たまたま朝鮮日報を見ていたら、

三橋貴明さんが

喧嘩を売っている

最中でした。

韓国の大手メディア朝鮮日報へ、

韓国大崩壊ただ1つの理由ってwww

もともと三橋さんは韓国に厳しい!

経済評論家の三橋貴明氏。
どんな人となりなのか、Wikipediaで引用しました。

※恐らくご本人からするとwikipediaの情報も
正しくないことが書かれていると思われる部分がありそうですが、
参考までに引用させて頂きました。

三橋 貴明(みつはし たかあき、本名・中村貴司(なかむら たかし)、1969年11月22日 – )は、日本の作家、経済評論家、エコノミスト、中小企業診断士。株式会社経世論研究所(旧・三橋貴明事務所)代表取締役社長、国家ビジョン研究会経済財政金融分科会副会長。

1969年(昭和44年)、熊本県山鹿市で生まれ東京都で育つ。千葉県立船橋東高等学校卒業後、1994年(平成6年)、東京都立大学(2013年現在の首都大学東京の前身のひとつ)経済学部卒業。
大学卒業後、外資系IT企業ノーテル、日本電気、日本IBMなどに勤務、中小企業診断士の資格を取得。2008年(平成20年)11月、三橋貴明診断士事務所を開設して、フリーランスの活動を開始し、2009年(平成21年)11月24日、株式会社三橋貴明事務所(現・経世論研究所)を設立。インターネット掲示板の2ちゃんねるでの発言(ハンドルネームは「三つ子の赤字神」)をきっかけに評論家としてデビュー。
2010年(平成22年)7月の第22回参議院議員通常選挙に自由民主党比例代表(非拘束名簿式)候補として立候補するが、落選。
選挙参謀は、選挙運動前半は、2ちゃんねるでのハンドルネーム「東亜の黒い人」「代表戸締役」こと渡邉哲也が、後半は宇田川敬介(後に選挙参謀から幹事長になる)が務めた[要出典]。
現在、各種メディアでコメンテーターとして活動している。
【転載:Wikipedia】

三橋貴明って本名じゃなかったんだ!

三橋さんは、めちゃくちゃ本を出しています。
たぶん経済学書で、こんなハイペースで出版されている方って
いないんじゃないかな?少なくとも、最近の作家じゃいない。

それほどに支持されているということだし、
出版社もずっと予約を入れてスケジュールを抑えているんでしょう。



もちろん、韓国だけを題材にしている訳じゃないですよ。

こんなのや、

こんなのもあります。

 

ご覧になってわかるように、
経済学者で保守の考えを持つ方の代表格の一人なんですね!

僕も本を読んで、勉強させて頂いております。

三橋さんを支持する理由① リフレ派だから

リフレ派だから好きです!!
リフレ派というのは、リフレッシュ派という意味ではないです。
柑橘系のフレグランスが好き!っていうわけではなく。

リフレとは、、、

リフレとは、リフレーションのことです。

リフレーションとは、デフレーション(徐々に物価が下がっていくこと)から抜け出たが、本格的なインフレーション(徐々に物価が上がっていくこと)には達していない状態のことをいいます。
要するに、真ん中のこと。何事も中庸が良いと言いますか。

このリフレーションにしていこうぜ!っていう考えをリフレ派と言われ、
実際の政策のことをリフレ政策と言います。

実際のリフレ政策とは

じゃあ、このリフレ対策って具体的に何なんだよ?って話ですよね。
説明します。

現在の日本において、デフレ不況で企業の設備投資の停滞や多くの失業がうまれています。
その企業の設備投資促進や失業者を減らすために、金融政策や財政政策を行って、
国内の需要を呼び起こそうっていう景気対策です。

こうして国内の需要を高めていくことで、国内の景気がよくなり、所得が増えていく。
所得が増えていけば、税収が増え、国力が増加していく。

僕も、この循環が一番理想的で、筋の通った理論だと思っています。
現実に日本が今までやってきた政策だし、
敗戦のどん底から世界2位の経済大国までに至った原動力の政策なわけですから。

三橋さんを支持する理由② 国家論があるから

三橋さんからは、一貫した国家論を感じます。

確かに強い論調で、物事を語る時があるので
誤解をされる方も多いかと思いますが、
国家論が一貫しているので、議論が平行線になると
そう見えてしまうのかもしれません。

循環型保守とでも言いましょうか、、、

三橋さんは間違いなく保守派です。
ブログを見ていれば、嫌というほど理解できます。
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ」

循環型というのは、保守とリベラルの軸以外の軸とでも言いましょうか。
TPPや移民対策などを進める開放型の保守ではなく、

「日本政府は日本国と日本人のために政治経済をしなきゃ!」

っていう考えをもっているんですね。

そこがすごく信頼がおける点です。

まとめ

どうでしょう。

ひょうんなことから、
三橋さんを絶賛するブログになってしまいましたが、
もしご興味のある方は、三橋貴明さんで検索してみてください。

■この記事を読んだあなたが好きそうなものを並べてみました■

 - 韓国 , , , ,