選挙投票チャンネル

衆議院選挙や参議院選挙、知事選挙の投票率80%が目標!!選挙に行こう!

*

【日本国民の3/4以上が被害】GHQのウォーギルトインフォメーションプログラムとは?

      2014/06/12


WGIP ウォーギルトインフォメーションプログラム

 

 

あなたも。あなたの友達も。

あなたの両親も。親戚も。

みーんな被害者。

被害者が被害を感じない戦略。

 

それが、、、

ウォーギルト
インフォメーションプログラム。

 

 

 にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサー広告
日本人 不動産投資

 
 

 

あなたもウォーギルトインフォメーションプログラム(略称:WGIP)の被害者

さて、このページにたどり着いた方に、質問があります。

 

あなたは、子供の頃に教わった歴史教育の中で、

第二次世界大戦の日本の行動について、

どう教わりましたか?

 

ほとんどの人が、

 

「日本がとんでもない悪い事をした」

「日本が横暴な態度で、世界を混乱させた」

「日本は悪い国だったから、反省しなければいけない」

 

 

こんな感じで教わりませんでしたか?

 

 

僕はそう教わりましたし、

僕の周りのほとんどの人が同じ教育を受けました。

僕の親もそうです。友達の親も。

 

まさに、この教育こそが、

ウォーギルトインフォメーションプログラムです。

sudenihigaysa

 

WGIPを詳しく説明します

 

ウォーギルトインフォメーションプログラムとは何か?

 

War Guilt Information Program

意訳:戦争の罪悪感を与える為の情報操作戦略

 

「日本人は戦争を起こした張本人だ!」

という意識を植え付かせ、罪悪感を感じさせる。

そうすれば、今後、「戦争」というものを意識的に

選択しない国民が出来上がるだろうっていう戦略なんですよ。

 

GHQの目的は、

日本が再び武器を持って、

立ち向かってくる事がないようにすること。

日本の内側から骨抜きにして、

解体させてしまうことなんです。

解体とは、事実上占領を意味します。

 

この占領政策は、今なお進行形です。

だから、あえて「です。」という現在形で表現しています。

決して「でした。」という過去形で

終わる話ではないのです。

 

ウォーギルトインフォメーションプラグラムの影響力

このWGIPの影響力というのは凄まじいものがあります。

冒頭のひと言でも書かせて頂きましたが、

「被害者が被害に気づかない戦略」だから、タチが悪いんです。

「被害に遭った事に気づかないほど、当たり前に洗脳されている」という

なんていうか、気づかれなさすぎて声を大きく挙げている僕が

一番危険なんじゃないかって思わせてしまう程です。

※お願い!そうは思わないで!!!(/_;)

 

何を使って洗脳してくるのか?

これは、色々とあります。

例えば、先ほどから何度も出てきていますが

義務教育過程ですね。

 

義務教育過程 

義務教育過程において、

ほとんどの公立の学校では、「戦時中日本が悪い事をした」と教育されます。

これは、悪名高き左翼の出版元「東京書籍」の教科書を使用したり、

これまた、日本維新の会の中山成彬議員(当時は自民党)に日本のガンと言わしめられた

日教組と呼ばれる日本教職員組合の方針の影響を受けている訳です。

この日教組はGHQが作った組織です。

ウォーギルトインフォメーションプログラムの首謀者である

GHQが作った組織が日教組な訳ですよ。

 

GHQは日本を去っていきましたが、

日教組がしっかりとその意思を引き継ぎ、

日本人に自信を持たせる事や誇りを感じさせる事を

阻止すべく、子供の頃から教育をし始めたんです。

  

子供の頃の義務教育で、

このウォーギルトインフォメーションプログラムのもと

教育を受けた僕たちは、今どうなったか。

 

ものの見事に、多くの人たちがアホになりました。

現代史(とりわけ昭和史)について

日本人としての正しい歴史認識が出来ないでいます。

それどころか、大日本帝国時代の話というのが、

タブー視される風潮さえ出来上がりました。

 

戦時中の正しい歴史認識を追及しようとすれば、

戦争好きのレッテルを貼られ、危険人物扱いを受ける。

おかしな風潮が出来上がっていきました。

 

テレビなどのマスメディア

でもね、子供だけに一生懸命な訳じゃありませんよ。 

大人になってからも、ウォーギルトインフォメーションプログラムは

しっかりと日本人を洗脳し続けます。

 

GHQは教育以外に何に規制を強化したのか?

子供だけではなく大人になってからは、

何を手段に洗脳し続けるのか?

 

答えは、メディアです。

 

例えば、テレビドラマを見ていきましょう。

 

僕の家族もよく見ていますが、テレビドラマ。

このテレビドラマは、悪い犯人には決まって法則があります。

 

テレビ朝日の「相棒」テレビドラマは最たるものでしょう。

僕もストーリー自体は大好きで、よく見ています。

ただ時々、首を傾げたくなる設定になっていることがありますねぇ。

それは、政治家が黒幕でいる事や、

自衛隊が犯罪組織の予備軍のような描き方をすることが多々あることです。

 

これは、完璧な印象操作ですね。

政治家はろくな事をしないぞ。よく監視しておけ。

もしかしたら、国民のことなんて全く考えていないぞ。

自衛隊も危ない。自衛隊は人殺しのプロな訳だし、

戦争好きな人間が力を持ったら、日本はまた戦争をし始めるのか。

 

このように、日本の政治の中枢は悪だという印象と、

日本の安全を守る自衛隊などの戦争や人殺しという印象づけを

一度義務教育で叩き込まれた私たちに、

「戦争は悪だという考えが正義の全て」かのようにテレビドラマの中で、確認させるのです。

 

一方で、ネガティブな印象を与えたら、

一方で、ポジティブな印象を与えないと

その印象は片一方のままです。

 

常に政治家が悪い存在というのはよくないですね。

なぜなら、政治家の世界だろうと真面目に取り組んで

日本の為にと何かを背負っている政治家は必ずいます。

それをそういったポジティブな人にスポットを当てる事なく、

ネガティブな部分だけにスポットを当てる事は良くない事です。

 

これって、日本の事が怖かったから?(個人的推測)

でもね、ウォーギルトインフォメーションプログラムって、

すごい徹底しているんですよ。

そこまでして、日本の牙を抜こうとして必死こいているアメリカの様子を見る限り、

実は、日本にビビっているんじゃないのか???

と思ってしまう時もあります。

 

今回のような洗脳計画を進めるという事は、アメリカにとって、

それだけ日本の存在が脅威だってことにもなります。

 

以下は、僕のあくまでも推測ですが、

こんなイメージだったんじゃないのかな・・・。

 

とあるアメリカ人の心情。

「日本人は怒るとやばかったぁ。なるべく戦いたくないのよねぇ。

いやぁでも、普段は真面目で素直で大人しいヤツらなんだよなぁ。

なんか戦争している時の感じからすると、本当に嘘みたい。

本当に、本当に、ほんっとに、今回、これ思った。

すごかったもん、日本の戦い方。硫黄島とか信じられなかった。

めちゃくちゃ能力高い。実際、戦争の時は前半戦は焦ったしね。

 

できれば、日本を占領したいなぁ。絶対に今後、伸びるもん。

伸びしろがたくさんある。

ただ、国際法的な縛りもあるし、

日本が敗北を認めた以上、アメリカ的にも過激な事は出来ないし。。。

 

一応、アメリカ=正義って印象を世界に見せつけたいしね。

 

あとこれ。正直なところ、東京大空襲と原爆はやり過ぎたなぁ。。。

ルメイもルーズヴェルト大統領もトルーマン大統領も。

黄色人種っていうだけで、さすがに人体実験するのはやりすぎたわ。

うーん、どうしよう。

 

(日本人を眺めていると…)

あんな配給でも、しっかりと並んじゃってるよ。

日本人ってほんとに真面目だよな。

ダグラス思うけど、日本人って子供の時から、ああなの?

 

ん?

ちょ、チョット待ってよ!

いいこと思いついたかもしれねぇ。

 

日本人って真面目すぎるほど真面目じゃないですかー。

言われた事はしっかりと守るじゃないですかー。

それが一部じゃなくて、ほとんどそうじゃないですかー。

三つ子の魂、百までっていうじゃないですかー。

 

ってことは、やっぱり、ある意味じゃさ、

洗脳して、戦争は良くないよーって思わせちゃえば、

二度と歯向かってこないかもしんないよね?

だって、周りがみんなやってるよって言うと

安心して同じ事をし始める国民性だよ?

 

いける。

絶対にいける。

 

はい、ダグラス。よく思いつきました。

ダグラス。今度、これ会議で発表します。」

 

ウォーギルトインフォメーションプログラム

 

まあ、言葉の使い方はいずれにしても、

こんな感じに思ったんじゃないかと僕は思っています。

あくまでも個人的見解ですがね。

 

まとめ、、、

バカになっちゃダメ!

でも、本当に若い人を中心にWGIPの洗脳から解けていく人たちが増えているんです。

頑張って、洗脳から解放され、日本の為に何が出来るかということを一緒に考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 - 特集 , , , , ,